ゲルマニウムプラシーボ

 
 

人体への影響2

健康食品

ゲルマニウムを含む健康食品を摂取して死亡した例もあります。無機ゲルマニウムは生死に関わるような副作用がありますが、1970年代後半からのゲルマニウムブームによって、当初から無機ゲルマニウムの飲用は腎臓等に障害を発生させるとの研究結果がすでに報告されていたにも拘らず、一部の業者が無機ゲルマニウムを有機ゲルマニウムと偽って飲用として販売していたために事故が発生し、1998年10月には厚生労働省が各都道府県に対しゲルマニウム含有食品についての注意喚起を行っています

そして、たとえ有機ゲルマニウムでも経口摂取により健康障害や死亡例が報告されているため、絶対の安全性は確立されていません。有機ゲルマニウムの中で唯一医薬品として認められているものにプロパゲルマニウムがありますが、ウイルス性のB型慢性肝炎に対する有効性が認められるものの、前述のような健康障害や死亡などの危険性についての警告文が付されていて、消化器系の各種症状(腹痛、下痢、口内炎等)、うつ、月経異常、脱毛等の副作用があります。

ある有機ゲルマニウム製剤の経口投与により癌に効果があるという研究もありますが、こちらも不明瞭な域を脱しているとは言えません。臨床試験に携わった多くの研究者達によって危険性を提示されています。

国立健康・栄養研究所によると、「サプリメントとしての経口摂取はおそらく危険と思われ、末梢神経や尿路系の障害を起こし、重篤な場合には死に至ることがある」として注意を呼びかけています。また、経口摂取によりこれまでに31例の腎臓への重大な疾患や死亡が報告されています。

 

recommend

遺品整理を東京で依頼
menu
   
 

HOME

人体への影響1

人体への影響2

ゲルマニウム辞典1

ゲルマニウム辞典2


 

Copyright(c) ゲルマニウムと健康 All Rights Reserved